卒論代行業にも三分の理?

マイスターです。

「卒論代行サービス」の存在が、話題になっているようです。

【教育関連ニュース】—————————————–

■「1文字5円、卒論に代行業者…大学は『見つけたら除籍』」(読売オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070818i111.htm
————————————————————

大学の卒業論文やリポートの執筆を有料で請け負う代行業者が登場し、波紋を広げている。

学生がインターネット上で見つけた資料をリポートなどに引き写す「コピー&ペースト」が教育現場で問題となっているが、これを上回る究極の「丸投げ」で、文部科学省は「事実とすれば、到底認められない行為」としている。

(略)このうち、昨年4月から事業を始めた業者が読売新聞の取材に応じた。これまでに300件近い問い合わせを受け、実際に100件以上を請け負ったという。2万字程度のリポートで10万円、発表会のための個別指導を含む卒論執筆だと35万円からという料金設定にしている。

事業を取り仕切る20歳代の男性は「もともと大学院の入試対策を有料で行うつもりだったが、依頼の大半は卒論やリポートの代行だった」と明かす。法律関係が依頼の半分近くを占め、文学、経済関係も多い。理系では物理や化学は皆無で、情報科学の依頼が数件ある程度。これまでに、「単位が取得できなかった」「発覚してしまった」という苦情は寄せられていない。

「卒論を3日で仕上げてくれ」など、安易に代行を頼む学生もいるが、この男性は「依頼者の多くは、教員に放任扱いされ、課題にどう対処すべきか悩んでいる。我々がやっているのは、最後の駆け込み寺のようなもの」と主張している。

これに対し、この業者のHPをネット上で見つけた京都府立大の川瀬貴也准教授は、今年1月、「あなたたちのしていることは犯罪。即刻やめるべきだ」というメールを送った。「『卒論を代わりに書く』という商売があるとは、とんでもない話。発覚すれば、学生の単位を取り消すどころか除籍処分ものだ」と憤る。

文部科学省大学振興課も「いかなる理由があろうと、他人に卒論やリポートを書いてもらうことは、常識からも認められない」との見解だ。ただ、大学側からの事例報告などがないため、当面は調査などはせず、様子を見守るという。

一方、検索大手のグーグルは今年5月、卒論代行業者の広告掲載を禁止した。検索語と関連するウエブサイトが広告として掲載される機能で、今回の禁止措置について、グーグル広報部は「情報提供や執筆のサポートではなく、全部を代行するというのは、不正行為にあたると判断したため」と説明している。

(上記記事より)

この記事を受けてネット上で、特に大学教員の方のブログなどで、こうした業者への批判が拡がっているようです。

実はこの問題、本ブログでも1年前に取り上げています。

(過去の関連記事)
・レポートの「アウトソーシング」をする学生、それを見破ろうとする大学(2006年06月15日)
https://www.unipro-note.net/archives/50209479.html

詳しくは、上記の記事をご覧ください。
この時点で、既にいくつかの卒論(レポート)請負業者が存在しており、livedoorのニュースにもなっておりました。
欧米でも社会問題になっていて、当時、既に「剽窃を見破るための大学向けソリューション」を売る会社も存在していたくらいです。

さらに昨年9月には、「こ、これは卒論代行では!?」とマイスターが個人的に気になった具体的なサイトを、社名を挙げてご紹介したのでした。

↓それが、この記事です。

(過去の関連記事)
・レポート作成や単位取得の「支援ビジネス」事例(2006年09月13日)
https://www.unipro-note.net//archives/50243531.html

上記を読んでいただくと分かるのですが、今回、読売新聞の取材を受けた会社は、実はマイスターがこのときのブログで取り上げた、「webteacher」です。

■Web Teacher
http://web-teacher.jp/

2007年8月21日現在、上記のサイトに、「読売新聞掲載記事に関して」と題した文章が掲載されておりますので、間違いありません。

「2007年8月18日の読売新聞夕刊に弊社が取材受けた件につきまして掲載されました。」と始まるその文章には、その後、こんなことが書かれています。

■「2007/8/18読売新聞掲載記事に関して(「web魚拓」で8/21時点の内容を閲覧)」(WebTeacher)
http://web-teacher.jp/yomiuri.html

本サイトが発足しましたのはおよそ一年半前ですが、その当時から卒論代行業というものは存在していて、どうやら何年も前からおよそその形態は変わっていないようでした。
その背景には学位を与える資格に値しない大学や教授があまりにも多くいるという現実があります。

お客様の中にはアカデミックハラスメントを原因として当社のサポートを需要なさる方などもいらっしゃいましたが、大学が教育に値する指導を行なっていないため、卒業論文やレポートをこなすだけの能力を備えていないというお客様が大半でした。

また、弊社も必ずしもお客様の専門とする教科の人間を担当にあてられるというわけではありませんので、回答の質を担保できない場合もありますが、これといった問題もなく、審査する大学があまりにも杜撰なのではないかと思われます。

大学側としては、本当に代行に気づいていないのか、気づいていて見てみぬふりをしているのかわかりませんが (おそらく後者ではないかと思われますが)、現在の大学卒業の学位がもつ価値を扱うに値する資格があるとは思えません。

(略)

実際問題、このような大学から学位を与える権利をとりあげることは現実的ではないと思いますが、このような大学の学位のもつ社会的価値というものはそれに値するだけ希薄化されるべきであると思いますし、今後、実際にそのようになるのではないかと思います。

また、当初は当然のことながら営利目的で始めた事業ですが、実際の利益がリスクに見合わないことや、興味の方向がそういった大学の実情に移っていきました。

(略)

現状としましてはこの話は大学、卒論代行業者、お客様の三者で利害が一致していて閉じている話であり、一般の方々に多く知られることは弊社としてはほとんどメリットがないにもかかわらず、今回、協力的にメディアの取材に応じましたのは、そのような大学の実情を少しでも多くの方に知って頂きたいという背景があります。

(上記記事より)

途中途中を略しましたが、詳細をご覧になりたい方は上のリンクをどうぞ。「Web魚拓」を使っているので、同社がページを削除した後でも読むことができます。

さて、マイスターなりにこの文章に書かれている内容を翻訳しますと、つまりこういうことが言いたいのではないかと思われます。

●もともとは、金儲けのために始めた

●うちに依頼をしてくる学生は、そもそも卒論をこなせるだけの能力を持ち合わせていない人間が大半だ

●うちも、専門外の人間が代行して卒論を書くことがあるが、それについて何かの指摘やクレームが来たことはない。大学の教員は、気付けないのか、気付いているけど見て見ぬふりをしているのか。そんな大学のやつらには、学位を与える資格なんてないのではないか

●自分達は、そんな現状を知って欲しくてメディアの取材を受けた。現在はそういう方面(?)に関心が移っているのだ

いかがでしょうか。

一見、筋が通っているように見えて、実際にはこの文章で何が主張されているのか、マイスターにはよくわかりませんでした。

確かに世の中には、ろくに卒論指導を行っていないような教授もいるかもしれません。それは、日本の高等教育の、大きな問題でしょう。
でも、彼等が卒業論文の代行を行うことで、この文章で書かれているような大学の問題が、何か改善されるのでしょうか。

むしろWebTeacherのような事業が存在することで、高等教育の教育水準はより低下していくように思えてならないのですが……。
具体的な大学名まで出して強弁してみたり、他人の教育水準の低さを嘆いてみたりしているわりには、一番まわりが気になっている点には一切触れていないのですね。うーむ。

結局この方々は、何がしたいのでしょう?

とりあえず、儲かっているかどうかに関係なく、こうしたサービスをwebから簡単に探せてしまう環境を意図して作り上げているという事実が、個人的にはやはり問題であるように思うのですが、いかがでしょうか。

以上、マイスターでした。

———————————————
(おまけ)
ちなみにWebTeacherを運営する「LLP」という組織(?)は、以前は↓こんな事業も行っていたようです。

■「School G-Cube(2006年7月時点のwebサイト記録を、「Wayback Machine」で閲覧)」
http://web.archive.org/web/20060903100419/www.independence-llp.com/g-cube/
※文字化けする方は、文字エンコーディングを「Shift-JIS」に変更し直してみてください