港区の生活

連日の暑さにバテ気味のマイスターです。

そういえばマイスター、ブログで「港区在住、愛車はジャガー(自転車)」と書いていますが、
このブログには、「港区らしさ」がちっとも出てきてませんねぇー。

ちなみに港区に住んでいるのは、前の会社に近かったからです。
週に2回くらいは、会社の床で、寝袋で寝る生活をしていたので、これではいけない!と思い、
自転車で通えるところに部屋を借りたという、しょっぱい理由です。
(単に田舎者なので、東京タワーの近くに住みたかったという噂も)

港区といっても、別におしゃれでも何でもありません。
住所は「三田」なので、なんか学生みたいです。道路をはさんだ向かいは「白金高輪」。ちょっとの違いが大違い。

家賃は高いです!

マイスター、港区としては破格の7万円台の部屋を借りていますが、実質、四畳半の広さです…orz。

下はコンビニで便利ですが、ベランダはないし、ユニットバスだし…。

窓が一つしかないってのは、設計上の手抜きでしょうか…風がまったく通りません…。

同じ金で、2部屋くらい借りられる場所がいくらでもあるんじゃないのか…?

ついでに、周りのスーパーは「大丸ピーコック」しかないんですが、これがまた高い。
ブルジョワ奥様用のスーパーって感じで、ワインとかチーズとか、変なフルーツとかがやたら充実していて楽しいんですが、普通の食材の価格が高めです。
貧乏社会人一人暮らしには辛いっ!

でも、レインボーブリッジまで歩いて10分かそこらなので、気軽によくブリッジの遊歩道を散歩します。
メリットそこだけ。

あと朝、45分くらいかけて自転車で職場に行くことがありますが、それは、気持ちいいです。
気分は

「目覚めの前のTOKYOを颯爽と走り抜けるエリートビジネスマン」

です。

でも、できることなら一年以内に、もっと広い部屋に移りたい…。