大学プロデューサーズ・ノート

大学の「いま」について、一緒に考えましょう

現場に行ってきました!

今年も「大学は美味しい!!」フェアを取材してきました

大学では、様々な研究が行われています。
それぞれの研究には、様々なストーリーがあります。

なぜこの研究を行うことになったのか。どのような問題意識によって始められたのか。
どの部分が画期的なのか。どの部分が、現在の課題なのか。
社会の、どのような場面に応用されそうなのか。
研究者から話を聞くと、そんなストーリーのひとつひとつに、刺激を受けます。

私たちの生活にも、学術研究の応用によって生まれた技術は多く使われているのですが、残念ながら、そうした興味深いストーリーを、一般生活者として知る機会はほとんどありません。
研究活動のプロセスや成果はだいたい、学術論文の形で発表されるからです。

例えば大学進学を考える高校生にとっては、そんな研究のストーリーを知ることが、進路選択のきっかけのひとつになるんじゃないかと、いつも思います。


そんな自分が、ぜひ高校生に勧めたいのが、しばしば行われている「大学は美味しい!!」フェアです。
大学によって開発された食品を全国から集めたイベント。
新宿眦膕阿韮飢麑椶箸覆襪海離侫Д△、現在も開催中。6月5日(火)までです。

■第5回「大学は美味しい!!フェア(PDF)」(新宿タカシマヤ)

長年にわたる学術研究の結晶から、学生参画のプロジェクトで企画されたものまで。
大学の「知」を、具体的な食品として身近に感じられる、とても楽しく、好奇心くすぐられる催しです。

デパートの催しなので、各ブースの食品が、実際に販売されているというのが魅力。
買って、その場で食べられるものも少なくありません。
各ブースで販売員を務めている教授や学生さんから、開発に至った過程や、使われている技術などの説明を聞くことができるので、知的な刺激も得られます。そこが普通の、デパートのイベントと異なるところです。

大学が主催しているオープンキャンパスよりも、よっぽど大学の面白さが伝わるんじゃないだろうか……と、個人的には思っています。

過去に実施されたときも、ほぼ毎回、取材させていただきました。
その様子は、↓過去の記事からご覧いただけます。

■大学は美味しい を含む過去の記事一覧

今回も、行って参りました。
本記事では会場の様子を、写真付きでご紹介したいと思います。

IMG_0694

↑毎回のことながら、大変な盛況ぶりです。
第一回目は、フロアのごく一部で行われていた小さなフェアでした。
今では参加大学も数倍に増え、講演会場あり、イートインコーナーありと、規模がすっかり大きくなりました。
続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

第3回「大学は美味しい!!」フェア(3)食と大学の接点も様々

一ヶ月前のイベントのレポートを書いているマイスターです。
すみません、一回で終わらせる予定が、終わらずに毎回、なんとなく続いております。

P1070378


↑こちらは、奈良女子大学のブースです。
奈良女子大学は以前にも、「奈良漬けアイス」、「奈良漬けサブレ」など、ユニークな製品を開発・販売されていました。
奈良女子大学のこうした取り組みは、文部科学省の現代GPに採択されている教育活動の一環として展開されています。

今回も、様々な製品が並んでいました。
それぞれのプロジェクトについては以下のサイトに詳しいです。
ご興味のある方はご覧になってみてください。

■生活観光現代GP「奈良の食プロジェクト」
■地域女性現代GP「奈良漬プロジェクト」
■奈良八重桜プロジェクト
続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

第3回「大学は美味しい!!」フェア(2)地域とマーケットを繋ぐ

そろそろイベントのことが、皆さんの記憶から消えてくる頃……。
そんな時期にこそレポートをアップし、イベントについての整理をはかるマイスターです。

■第3回「大学は美味しい!!」フェア(1)初参加大学の、ユニークなアプローチ

↑というわけで前回に引き続き、第3回「大学は美味しい!!」フェアの様子をレポートします。

P1070375


↑宇都宮大学では、農学部附属農場で生産された様々な食品を販売されていました。

写真の皆様が持っているのは、附属農場産の生乳を使用したチーズ各種。
牛のストレス軽減の研究をもとにしたもので、乳質が非常に高いのだそうです。

特にユニークなのは、「モッツァレラチーズのたまりづけ」。
マイスターも購入し、自宅で楽しませていただきました。
料亭などで出しても人気が出そうな、絶妙のお味です。

ちなみにこの宇都宮大学農学部附属農場、年間を通じ、地域貢献の一貫として生産物の販売を行っているようです。その種類の豊富さから、農場の教育・実習活動の充実ぶりが感じられます。

■宇都宮大学附属農場<農場生産物販売>
続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

第3回「大学は美味しい!!」フェア(1)初参加大学の、ユニークなアプローチ

マイスターです。

■「大学は美味しい!!」フェア、今年も6/2(水)~8(火)まで新宿で開催!

以前、ご紹介した「大学は美味しい!!」フェア。
大学の研究・教育活動の中で生まれた食品を集め、一般の方々に楽しんでもらうという企画です。

単なる物産展ではなく、学術的な成果と結びついた、食の学園祭。
高校生や大学生はもちろん、普段はあまり大学と関わりがない大人の方々でも、「大学」を楽しむことができるのです。

そんなわけで、今年も会場の様子をレポートします。

P1070468


↑相変わらず会場は、すごい盛況ぶりです。
続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

「大学は美味しい!!」フェア、今年も6/2(水)〜8(火)まで新宿で開催!

マイスターです。

今年も、マイスターが楽しみにしてきたあのイベントがやってきます。


■紀伊國屋書店「学市学座」+小学館『大学は美味しい!!』連動企画:第3回小学館「『大学は美味しい!!』フェア」


大学が研究開発した食品を通じて、学問の面白さを体感。
中高生はもちろん、子どもから大人まで幅広く楽しめる、アカデミックな食の祭典です。

6/2(水)~8(火)まで、新宿南口の新宿タカシマヤ、紀伊國屋書店新宿南店および紀伊國屋サザンシアターで開催されます。

過去、このイベントを自分ほど楽しみ尽くしてきた人間はいないのでは、と言えるほど、マイスターはこの催しが大好きです。
続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(4):今回のフェアからわかったこと

マイスターです。

P1050315


高島屋で行われた、第2回『大学は美味しい』フェアのレポートを、3回に渡ってお届けしてきました。

■第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(1):「学市学座」+「大学は美味しい!!」連動企画 
■第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(2):各大学のブースをレポート!
■第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(3):食を通じて社会の問題に向き合う取り組みが集合

ちなみに過去には、第1回目の『大学は美味しい!!』 フェア、および「学市学座」の様子も、取材させていただきました。

(過去の関連記事)
■『大学は美味しい!!』 フェア(1) 「味」を通じて大学を知ろう!
■『大学は美味しい!!』 フェア(2) 大学はやっぱり美味しかった!
■『大学は美味しい!!』 フェア(3) 大学の情報をイベントで発信

■「学市学座」(1):大学発オリジナルグッズが、紀伊國屋書店に大集合!
■「学市学座」(2):個性的すぎる大学オリジナルグッズの数々をご紹介!
■「学市学座」(3)キャラクターによる大学ブランディング戦略の最前線?

この第1回目と第2回目では、違うところが色々とありました。
最後に、そのあたりについてお伝えしたいと思います。続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(3):食を通じて社会の問題に向き合う取り組みが集合

マイスターです。

■大学発の食品が再び新宿に集合 研究者の講義も聞ける一大イベントに
■第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(1):「学市学座」+「大学は美味しい!!」連動企画 
■第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(2):各大学のブースをレポート!

↑引き続き、 『大学は美味しい!!』 フェアの、各大学ブースのレポートをお届けします。

P1050290


東海大学では、産学連携で製造された、阿蘇の焼酎を販売。
↓こちらで紹介されている、「ゼロエミッション(廃棄物ゼロ)」の焼酎です。
続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(2):各大学のブースをレポート!

マイスターです。

■大学発の食品が再び新宿に集合 研究者の講義も聞ける一大イベントに
■第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(1):「学市学座」+「大学は美味しい!!」連動企画 

↑前回に引き続き、第2回 『大学は美味しい!!』 フェアの様子をご紹介していきます。

前回、書いたように、売り切れ商品が続出する中、会場をさまようマイスター。

人混みがすごいです。

今回はNHKなどを含め、様々なメディアでイベントの情報が告知されていました。また会場の様子も、マイスターが行く前に、テレビで放映されていたようです。
そんな影響もあったかもしれません。

各大学が生協で自校の商品を販売しているだけでは、ここまでの成果は生まれなかったのではないでしょうか。

・組織の壁を越えて取り組む
・お祭りやイベントにして、みんなで楽しむ
・わかりやすく楽しさを表現する

そんなことの重要性が、改めて実感できます

P1050247


↑今回の目玉の一つ、イートイン。
先日の記事でもご紹介した、近畿大学水産研究所による完全養殖クロマグロが味わえます。

各日20点限りのスペシャルメニュー「マグロづくし丼」は2,100円という価格設定ですが、当然のように終了。
続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(1):「学市学座」+「大学は美味しい!!」連動企画 

マイスターです。

■大学発の食品が再び新宿に集合 研究者の講義も聞ける一大イベントに

↑以前、ご紹介した、紀伊國屋書店「学市学座」と小学館『大学は美味しい!!』のコラボ企画、小学館『美味サライ』第2回「『大学は美味しい!!』フェア」が、現在、新宿にて開催中。

テレビなど、多くのメディアで紹介されていますね。

マイスターも行ってきました。
続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

「学市学座」(3)キャラクターによる大学ブランディング戦略の最前線?

マイスターです。

■「『学市学座』大学発オリジナルグッズ大集合!」(紀伊國屋書店)

紀伊國屋書店が、新宿南店で開催している大学発オリジナルグッズフェア、「学市学座」。
そのレポートを、↓これまで2回に渡ってお送りしてきました。

■「学市学座」(1):大学発オリジナルグッズが、紀伊國屋書店に大集合!
■「学市学座」(2):個性的すぎる大学オリジナルグッズの数々をご紹介!

今回、特に目立っていたのは、キャラクターグッズの数々です。

P1040886

続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村
kurabeshiki01
業務については、上記のサイトをご覧ください
Twitter
記事検索
最新記事100
↓記事を書いてる人
日々の発信はfacebookで行っています


倉部史記


NPO法人NEWVERY理事、および高大接続事業部ディレクター。広報プロダクションでプロデューサーとして働いた後、私立大学職員、予備校の総合研究所・主任研究員および大学連携プログラム等のプロデューサーなどを経験。フリーランスとして高校・大学・社会の接続に関するプロジェクトや、高校生向けプログラムの運営、大学職員の研修などに取り組み、2016年2月より現職。各メディアで大学に関する解説や情報発信もしています。

ご相談やお問い合わせは、以下のサイトにてお受けしております。
kurabeshiki02


■著書
・看板学部と看板倒れ学部 大学教育は玉石混淆(中公新書ラクレ)
・文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」(主婦の友新書)


■ソーシャルメディア
・twitter:kurabe_s
・facebook:kurabes
大学関連書籍を探す


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
スポンサード リンク


↓twitter
公開時期から記事を探す
  • ライブドアブログ