大学プロデューサーズ・ノート

大学の「いま」について、一緒に考えましょう

マイスターからのお知らせ!

NPO法人NEWVERY・高大接続事業部ディレクター、および理事に就任しました


この2月1日よりNPO法人NEWVERY・高大接続事業部のディレクター、
および同団体の理事として就任することとなりました。

■【プレスリリース】高大接続事業部ディレクターに、倉部史記氏
 – 西日本支部の設立と合わせて、高大接続分野での活動を全国展開する体制を強化 -
(NPO法人NEWVERY)


設立14年目を迎えようとしているNEWVERYは、
様々な高等教育の支援事業や
マンガ家育成事業「トキワ荘プロジェクト」などの
ユニークな取り組みで知られている団体です。

「社会起業家」「ソーシャル・アントレプレナー」といった言葉に関心をお持ちであれば、
そんなソーシャルベンチャー組織の一事例として
NEWVERYの名前を目にすることも、あるかも知れません。

現在、NEWVERYは
「若者たちが未来に希望を持てる社会」の実現をVisionに掲げ、

・教育イノベーション
・文化立国


……の2点をMissionに、活動を行っています。


続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

大学・短大・専門学校 教職員対象「WEEKDAY CAMPUS VISIT実践報告会」のご案内

大学・短大・専門学校 教職員対象の「WEEKDAY CAMPUS VISIT(WCV)」実践報告会を、

・東京(10/9)
・大阪(9/30)
・福岡(10/2)

……にて開催します。

■「【大学・短大・専門学校 教職員の方対象】 WEEKDAY CAMPUS VISIT 実践報告会」(NPO法人NEWVERY)

詳細につきましては、ぜひ上のリンク先をご覧ください。

2013年から本格展開を始めたWCV。
これまで全国で説明会を行い、多くの大学関係者の皆様にご参加いただいてまいりました。

丸2年が過ぎ、様々な事例なども揃ってきました。
そこで今回は以下のように、2つの点を実践報告会の中でお伝えしたいと思います。



【1】WCV参加後に入学した学生の経過を知ることができる

これまでもWCVに参加した際の高校生の反応や感想はお伝えしておりましたが、その後の進路選択や大学生活にどう影響したのか、ということまではお伝えできておりませんでした。
正式スタートから3年目ということで、まだ大学1、2年生の状態ではありますが、入学後の状況を追跡し、定量・定性的に分析を進めていますので、その結果をご報告します。


【2】実際に開催している大学の方の話が聞ける

今回、各会場にはそれぞれ実際に開催している大学の方にご登壇いただき、その成果や課題をお話しいただきます(各会場に合わせて関東、近畿、九州の大学の方が登壇されます)。

WCVはNEWVERYと会員大学の方々とが、一緒に作り上げている取り組みです。
これまでには会員大学の担当者同士が集まっての勉強会なども開催して参りました。
その相互扶助のネットワークに参加するかどうか、という視点もおありかと思いますので、既に自校だけで独自に授業公開を行っている大学の方にも、ぜひ聞いていただければと思います。

質疑応答の時間も設けますので、気になっていることはぜひご質問ください。



その他、WEEKDAY CAMPUS VISITが高校に支持される背景や、実際に導入にあたって必要な学内の調整方法などについてもお伝えする予定です。

「WCVは前々から気になっていたが、実際どのような成果が得られるのかを知りたい」
「導入を前向きに検討したいが、マンパワーや予算の確保など、学内調整が不安」


……といった方は、ぜひお越しください。
今年度学生募集の後半戦、次年度学生募集戦略や新しい高大接続の方策としていただければ幸いです。

■「【大学・短大・専門学校 教職員の方対象】 WEEKDAY CAMPUS VISIT 実践報告会」(NPO法人NEWVERY)

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

【告知】高大接続フォーラム「大学入試改革の先にあるもの 〜高校教育の本質を考える〜【関西版】」

3月にNPO法人NEWVERYが主催した、高校教員向けフォーラムが大変好評でした。
あっという間に席が埋まった上、

「関西でも実施してほしい」

……というご要望が多かったので、7月18日(土)に、関西版を実施することになりました。

■「高大接続フォーラム『大学入試改革の先にあるもの 〜高校教育の本質を考える〜【関西版】』」(NPO法人NEWVERY)

タイムテーブルは、以下の通りです。
13:30〜13:35 オープニング
13:35〜14:20 講演『今後の社会の展望と、高等教育機関の役割』
(京都大学 理事補・高等教育研究開発推進センター センター長・教授 飯吉透氏)

14:20〜14:50 事例紹介『選抜型入試から育成型入試へ アサーティブプログラムについて』
(追手門学院大学 副学長 福島一政氏)

14:50〜15:00 休憩

15:00〜15:30 事例紹介『学生の成長を支える仕組みとは−入試制度×カリキュラム×英語力の伸長×就職率』
(大阪女学院大学・大阪女学院短期大学学長 加藤映子氏)

15:30〜16:10  講演『高大接続改革実行プランの概要と今後の変化』
(文部科学省高等教育局大学振興課大学入試室 課長補佐 荒木秀治氏)

16:10〜16:50 パネルディスカッション 
(パネラー 飯吉氏、福島氏、加藤氏、荒木氏 /進行 NPO法人NEWVERY高大接続担当フェロー 倉部史記氏)

16:50〜17:00 クロージング及びアンケート記入
17:10〜18:00 交流会

倉部も、パネルディスカッションの進行役として参加させていただきます。

定員は300名ですが、東京で行った回はあっという間に席が埋まりましたので、迷われている方はお早めに。
詳細・お申し込みは↓こちらからどうぞ。

■「高大接続フォーラム『大学入試改革の先にあるもの 〜高校教育の本質を考える〜【関西版】』」(NPO法人NEWVERY)

高校教員の皆さま、ぜひ会場でお会いしましょう!

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

「進路づくり」に関して、2013年はこんな講演をしました

2011年の暮れに会社を辞めて独立し、丸2年が経過しました。

2012年は「仕事の種をたくさん蒔こう」と考えておりましたが、2013年は「想像以上に芽が出まくってる! むしろ絞らなきゃ!」という、嬉しい悲鳴をあげる1年となりました。
2014年は、この2年間でたどり着いた「高大接続」「進路づくり」というキーワードを核に、皆様と一緒に出てきた芽を大きくする1年にしていきたいと思っております。

すっかりブログを更新する機会も減りましたが、普段の活動の報告や、日々の発信はfacebookで行っております。
↓もし発信内容に興味を持っていただける方は、こちらからフォローしていただければ、僭越ながらタイムラインに倉部の書き込みが流れるようになります。


さて、2013年は九州各県、埼玉、茨城、高知などをはじめ、高校の進路指導担当教員の方だけでも実に2,000人以上の方とお話しをさせていただきました。新しい時代に合った進路指導・キャリア教育や、高大接続への期待をひしひしと感じています。

遅ればせながら、2013年に行わせていただいた、主要な講演・研修・セミナーを、備忘録としてまとめておきたいと思います。続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

普段の大学の授業を使って、高校生が進路発見

NPO法人NEWVERYは、平日の大学の授業を高校生が受講し、進路を考えるキッカケにする「Weekday Campus Visit 」を、10月より実施しています。

10月27(土)には、法政大学キャリアデザイン学部で、

11月23日(祝・金)に、立教大学経営学部で、

先生方のご協力をいただきながら、実施いたしました。

IMG_1328
(↑立教大学経営学部で高校生がゼミに参加している様子)

私はNEWVERYの高大接続担当フェローとして、このWeekday Campus Visit の企画・運営を担当しています。当日、参加してくださった高校生の皆さんと一緒に、ゼミのようなガイダンス&振り返りディスカッションを行ったりしています。

<法政大学キャリアデザイン学部 Weekday Campus Visit >
■NEWVERYサイトでの告知・申込受付ページ
■法政大学キャリアデザイン学部サイトでの告知ページ

<立教大学経営学部 Weekday Campus Visit >
■NEWVERYサイトでの告知・申込受付ページ
■立教大学経営学部サイトでの告知ページ

おかげさまでこの取り組みが、少しずつ反響を呼んでいます。
続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

NPO法人NEWVERYフェロー(高大接続担当)になりました

NPO法人NEWVERYに、フェロー として参加させていただくことになりました。
倉部史記さん @kurabe_s に、本日付でNEWVERYのフェローになっていただきました。高大接続(高校生と大学のマッチングや円滑な移行)の課題をともに解決していきます!
山本繁:Shigeru Yamamoto
続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

地域科学研究会・高等教育情報センターが、高等教育分野のスタッフを募集しています

下記の募集は、既に終了したようです



大学教育に関する仕事にご興味がある方へ、お知らせ。

株式会社 地域科学研究会・高等教育情報センター(KKJ)が、高等教育分野のスタッフを募集されています。

続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

新刊「看板学部と看板倒れ学部 大学教育は玉石混淆」が出版されます

先日、共著の本が発売されたところですが、7/10(火)に、単著の新刊が出ます。



文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」(主婦の友新書)に続いて、個人としては2冊目の新書です。
こうして本を出させていただけるのは、ありがたいことです。
続きを読む

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

MOOK『危ない大学』が、新書として発売されます

以前にインタビューを掲載していただいた洋泉社MOOK『危ない大学』がこのたび、新書になるそうです。



私のインタビュー記事には、以下のようなタイトルがつけられています。
重要なのはトライアル&エラー!
「研究」が高校生に響かないという誤解
 大学とのミスマッチを起こさないために
ずばり、このタイトルの通りの内容についてしゃべりました。

MOOK版をご覧になっていない方、よろしければぜひ、こちらをどうぞ。

大学の内外で活躍されている、様々な立場の方々の記事が掲載されています。
本書は広く一般の方々を対象にしたものだと思いますが、たとえば大学職員の方や、大学への就職を希望される方などにとっても、現状をいま一度、整理・把握する上で役立つのではないかと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村

facebookの「フィード購読」ボタンを設置してみました

facebookの「フィード購読」ボタンを設置してみました。
facebookのアカウントをお持ちの方は、↓こちらのリンクをクリックしていただくと、倉部のfacebook上での書き込みがご自身のニュースフィードに流れるようになります。



(ブログ右側の、プロフィール欄にも設置してあります)

facebook上で既に友達になっている方とは、それぞれの発信に対して色々と意見交換もできます。
でも、まだお会いしたことがない方からすると、いきなり友達申請するのは、ちょっと抵抗がおありでしょう。

よろしければ、まずはフィード購読から、お気軽にお試しください。
お役に立ちそうな情報や、皆様と一緒に考えたいニュースを、自分なりに少しでも共有できればと思っております。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村
kurabeshiki01
業務については、上記のサイトをご覧ください
Twitter
記事検索
最新記事100
↓記事を書いてる人
日々の発信はfacebookで行っています


倉部史記


NPO法人NEWVERY理事、および高大接続事業部ディレクター。広報プロダクションでプロデューサーとして働いた後、私立大学職員、予備校の総合研究所・主任研究員および大学連携プログラム等のプロデューサーなどを経験。フリーランスとして高校・大学・社会の接続に関するプロジェクトや、高校生向けプログラムの運営、大学職員の研修などに取り組み、2016年2月より現職。各メディアで大学に関する解説や情報発信もしています。

ご相談やお問い合わせは、以下のサイトにてお受けしております。
kurabeshiki02


■著書
・看板学部と看板倒れ学部 大学教育は玉石混淆(中公新書ラクレ)
・文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」(主婦の友新書)


■ソーシャルメディア
・twitter:kurabe_s
・facebook:kurabes
大学関連書籍を探す


サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
スポンサード リンク


↓twitter
公開時期から記事を探す
  • ライブドアブログ