6月13日(土)、14日(日)に、大学プロフェッショナルセンターが主催するシンポジウムが実施されます。詳細は以下をご覧ください。

■「【シンポジウム・分科会】2030年も生き残るための本気の大学改革(6月13日、14日)開催!」(大学プロフェッショナルセンター)

「大学プロフェッショナルセンター」は、私も高大接続事業で協働させていだいている「NPO法人NEWVERY」が設立した大学経営、大学教育のサポート機関です。

センターのウェブサイトでは、以下のように山本繁さんがセンターの趣旨を説明されています。
当センターは、個々の大学が自学のポジショニングに立った独自の専門性(プロフェッショナリティ)を構築するサポート機関だと考えております。特に弊会がご支援させていただくことが多い中小規模大学・短期大学は、いま、個性化と専門化の両方が求められています。他の大学・学部・学科と何がどう違うのか、その違いに一体どのような意味があるのか、そもそも本当に違うのか、看板倒れになっていないのか、そういうことです。それには産業の多様化や、18歳人口の減少と学生の多様化といった背景があります。
教育は「人」だと思います。ですから、弊会は研修(FD/SD)を通じて大学の個性化と専門化を支援しようと、昨年、大学教職員研修センターを立ち上げました。お陰様で初年度から多くの大学・短期大学様に弊会研修サービスを導入していただき、順調なスタートでした。
一方で、やはり研修だけで解決できる問題ばかりではなく、ハンズオンでの支援や、採用といった切り口での支援が効果的な場面も多かったです。ですから、実際にコンサルティングや採用支援も多くしてきました。
大学の個性化と専門化を進めるためには横断的なサポートが必要だと気付き、それなら名称も変え、ワンストップでご支援できるようにしよう、というのが今回リニューアルに至った経緯です。
「コンセプト:大学プロフェッショナルセンターに懸けた想い」より(大学プロフェッショナルセンター)


私は高大接続事業の外部フェローですから、NEWVERYの事業すべてに関わっているわけではありません。でもNEWVERYが、「大学の内外で活躍する様々なプロの方々と協働して、これまで実際に成果を上げてきた」チームだということは、声を大にしてオススメしましょう。
今回のシンポジウムで扱われるテーマも、

・「量」に頼らず中退者を減らす入試改革
・エリート大学でない大学における改革チームの組成
・戦略的な低学力・メンタル支援の実践
・大学改革における「全体最適」を測る方法
・学内に強いチームをつくるFD
・学生が成長する「教育寮」の運営
・小規模大学、女子大、短期大の戦略


……などなど、いまの日本の大学が直面する重要なものばかりですが、「以前からこれらの課題解決に取り組んでおり、成功事例を持っている」という点にご注目ください。

経営判断が速い上に精鋭のスタッフを揃えているNEWVERYは、大学や公的機関に比べると行動も100倍速いので、大学が議論をしている間に、既にPDCAを何回転かさせた状態になっています。
今回のシンポジウムに登壇する講師も、実際に大学の現場で、具体的な経営課題に取り組んできた方ばかりです。

「そうですな、その点は問題ですな。これからの課題として議論しなければなりませんな」……と何年も議論ばっかり行われているトピックに対して、「自分達で実際にやってみました」と言える方々が集まっていますので、大学の皆様にとっては、様々なヒントが得られることと思います。

「これから調査して、議論して、結論が出てから検討しましょう」という状態からスタートしようとしている場合ではありません。そのフェーズは本来、5年前には過ぎているべきものです。
待ったなしのアクションに踏み出したい方は、会場へどうぞ。

詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。

倉部も、6月14日(日)15:15-16:45の分科会
学生募集と教育力の関係性を探る〜自校の魅力を伝える「教育者」として、高校生と接するためには
……を担当させていただきます。

これからの大学改革を日々奮闘されている皆様、ぜひ会場でお会いしましょう。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村