先日、ラジオにコメント出演した時の、放送内容の一部が、番組ウェブサイトに掲載されています。

■「「森本毅郎スタンバイ| 現場にアタック:ホスピタリティ・ツーリズム、感性デザイン...大学の学部乱立の背景」(TBSラジオ)

この通り、内容としては『看板学部と看板倒れ学部』でも指摘した内容を、コーナー全体で取り上げていただいた、という感じでした! うれしいです!

上記のコメントは、放送されたその日のうちに、アップされたようです。
ラジオの対応の早さ、おそるべし。

番組によってはPodcastingをしていたり、ラジオも進化しているんですよね。
ニコ生でMCをやるようになってから、ラジオ番組を参考にするようになりました。
離れたところにいる全国の視聴者とつながりながら、何かの番組をつくる……って、ソーシャルメディアやニコ生よりずっと前から、ラジオがやっていたことですものね。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村