本日、東京大学駒場キャンパスで行われていた「高等教育質保証学会」のセッション 

<シラバスと学修時間からみた質保証(司会:松本美奈氏)> 

……にて、ファシリテーターを務めさせていただきました。

■「高等教育質保証学会 第2回大会「質保証の国際通用性」」

私が担当したチームのテーマは、

「意欲、姿勢に問題のある教員」に火をつけたい教職員を対象にした
「深海魚のような教員に、学生に届くシラバスを書かせることは可能か」


……というもの。

大学教育を専門にされている研究者の方、
各大学で、教育改革にあたられている教員、職員の方、
認証評価機関の方など、
様々なお立場の方と一緒に、多くの論点について整理・議論できました。
各チームの議論の結果は後日、学会のウェブサイトに掲載されます。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村