マイスターです。

今年も、マイスターが楽しみにしてきたあのイベントがやってきます。


■紀伊國屋書店「学市学座」+小学館『大学は美味しい!!』連動企画:第3回小学館「『大学は美味しい!!』フェア」


大学が研究開発した食品を通じて、学問の面白さを体感。
中高生はもちろん、子どもから大人まで幅広く楽しめる、アカデミックな食の祭典です。

6/2(水)~8(火)まで、新宿南口の新宿タカシマヤ、紀伊國屋書店新宿南店および紀伊國屋サザンシアターで開催されます。

過去、このイベントを自分ほど楽しみ尽くしてきた人間はいないのでは、と言えるほど、マイスターはこの催しが大好きです。
第1回目の『大学は美味しい!!』 フェア、そして大学グッズを集めた「学市学座」から始まり、これまで新宿南口で行われた一連のシリーズすべてを、取材させていただきました。

マイスターの好奇心と使命感、そして食い意地によって書かれた取材レポートは、以下にあります。
よろしければ、ご覧になってみてください。

このイベントは大学にとってどのような意義を持っているのか、とか
中高生にどんな部分がオススメなのか、とか
大学広報的なポイント、とか、そんな真面目なことも書いています。

(リンクがズラッと並んで、読む気がなくなるかも知れませんが、実際の写真ばっかりですから大丈夫!)

(過去の関連記事)
【小学館「大学は美味しい!!フェア」】
■『大学は美味しい!!』 フェア(1) 「味」を通じて大学を知ろう!
■『大学は美味しい!!』 フェア(2) 大学はやっぱり美味しかった!
■『大学は美味しい!!』 フェア(3) 大学の情報をイベントで発信

【紀伊國屋書店「学市学座」】
■「学市学座」(1):大学発オリジナルグッズが、紀伊國屋書店に大集合!
■「学市学座」(2):個性的すぎる大学オリジナルグッズの数々をご紹介!
■「学市学座」(3)キャラクターによる大学ブランディング戦略の最前線?

【両社のコラボによる「第2回 『大学は美味しい!!』 フェア」】
■第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(1):「学市学座」+「大学は美味しい!!」連動企画 
■第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(2):各大学のブースをレポート!
■第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(3):食を通じて社会の問題に向き合う取り組みが集合
■第2回 『大学は美味しい!!』 フェア(4):今回のフェアからわかったこと


第3回を迎える今回は、↑この「第2回 『大学は美味しい!!』 フェア」をよりパワーアップしたような内容だと思われます。

なんだか回を追うごとに、主催されている側の力の入れようも強くなっているような。
服部幸應さんの講演や、食に関する噺を集めた寄席など、イベントとしての演出も豪華になってます。
これまでのフェアが大成功を続けていることのあらわれでしょう。

このイベントに行く際のポイントを3つ、お伝えしておきましょう。


■早めに出かける

前回マイスターは、油断して午後の遅い時間に出かけ、かなりの商品が売り切れているという切ない体験をしました。
気合いを入れ、腹ペコになって出かけただけに、悲しさもひとしおでした。

このイベントの混み具合は、ハンパではありません。
加えて、もともと大学の研究開発の過程で製造されたような製品が多いので、大手メーカーの製品のように大量生産されているわけではありません。
イベント公式サイトに掲載されている「目玉商品」は、特に早くなくなります。
お昼前に着くようにしましょう。


■特別公開講座を楽しむ

食べる方ばかりに足が向かいがちですが、このイベントのもうひとつの魅力は、その製品を研究開発した当事者の方々から直接、レクチャーが聴けるという点です。
マイスターも前回、クロマグロ完全養殖に成功した近畿大学水産研究所の所長によるレクチャーを聴きました。非常に面白かったです。

今年も、特別公開講座が充実しています。詳細なラインナップはこちらをご覧ください。

これだけの種類の大学の授業を受ける機会は、なかなかありません。
中高生の皆さんに、かなりオススメ。特に農学系を始め、「食」に関わる学びに興味をお持ちの方には、「絶対に行くべし!」と申し上げてもいいくらいです。


■紀伊國屋書店3階には、キャンパスでしか手に入らない大学グッズ(食品)が。

フェアの中心になるのは新宿タカシマヤ11階ですが、紀伊国屋書店新宿南口店の3階にもスペースがあります。
ここでは、各大学の生協で販売されているような大学グッズ(食品)が手に入ります。

マイスターは、イベントで買っただけでは足りず、通販でお取り寄せしてしまうくらい京大の「総長カレー」が大好きなのですが、もう自宅のものは食べ尽くしてしまいましたので、ここらでまた可能な限り補充しようかと思っています。
総長カレーを入手したい方は、マイスターより先に会場に行かれることを推奨します。


それとイベント全般を通じて、大学の研究力はもちろん、ブランディングや広報の工夫なども見ることができます。また、製品を販売しながら解説もしてくれる学生の皆さんを通じて、その大学の活気や教育力も垣間見えます。
その点では中高生だけでなく、教育関係者の皆さんにも参考になるイベントだと思います。

一週間だけの限定イベントですから、ご興味を持った方はお早めにどうぞ。
すべての方にオススメです。

以上、マイスターでした。

※この記事は、現役高校生のための予備校「早稲田塾」在籍当時、早稲田塾webサイト上に掲載したものです。

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
にほんブログ村