2005年10月

『理系白書』 理系は報われているか 大学と教育の「いま」を読み解く

『理系白書』 理系は報われているか

本ブログで、いつも「自分が文系だか理系だかわからない…」と書いているマイスターです。 ただ、以前、 ・文系、理…

ニュースクリップ[-10/30] 「義務教育費国庫負担金の取扱に関する報道について」ほか 大学と教育の「いま」を読み解く

ニュースクリップ[-10/30] 「義務教育費国庫負担金の取扱に関する報道について」ほか

a href=”http://blog.livedoor.jp/shiki01/archives/50082568.html”>28日の記事で、読売と朝日の報道内容の食い違いについてご指摘しましたが、どうやらその28日中に、文科省が両者の報道について抗議を行ったとのこと。
マイスターはこのことを翌29日の産経新聞の記事および「教育ニュース観察日記」さんの記事で知りました。
(文科省の行動、異例の早さです。省益が絡むと広報が迅速かつ饒舌になりますね…)。

「反社会学講座」はおもしろい! ~アタマをやわらかくしてみよう~ 大学と教育の「いま」を読み解く

「反社会学講座」はおもしろい! ~アタマをやわらかくしてみよう~

「社会学」という学問を、高校生のときはほとんど知らなかったマイスターです。 今でこそ自分が理系だか文系だかわか…

報道にブレ 8,500億円、負担率を引き下げるの? それとも制度を廃止するの? ほか 大学と教育の「いま」を読み解く

報道にブレ 8,500億円、負担率を引き下げるの? それとも制度を廃止するの? ほか

「国民の皆様からのご意見概要」と題された報告書も公開されています。
義務教育費国庫負担制度の在り方について、「ほぼ100%が『堅持』の結果となっている。」と記述されていますが、そもそも実は回答者の69%が教員、19%が公務員という罠。
(ちなみに3番目に多いのは「団体職員」です。♪ 会社員はなんとたったの0.4%です♪)
そりゃあ、制度を堅持せよっていうだろうよ、とマイスターは世界の中心でつっこみたい。

教育に対する投資の内容が、国によってこんなに違う! 大学と教育の「いま」を読み解く

教育に対する投資の内容が、国によってこんなに違う!

大学院の学費ローンを今も返し続けているマイスターです。 大学職員.net -Blog/News-の記事で、国民…

おバカコンテンツで、インパクトあるメッセージを送る大学! 大学と教育の「いま」を読み解く

おバカコンテンツで、インパクトあるメッセージを送る大学!

以前は、子供向けのおもしろコンテンツ企画をしていたマイスターです。 「いかに興味を引き、言いたいことを伝え、 …

学校制度に関する保護者アンケートの結果 大学と教育の「いま」を読み解く

学校制度に関する保護者アンケートの結果

以前、
・学力向上には、学校よりも塾を信用する保護者が多い!
という記事でご紹介した調査結果の、実際のレポートです。気づいたら、webにアップされていました。
ちょうど、公立学校教員の処遇に関する議論が白熱しているところですので、
カスタマーである保護者の声も、この際よく見てみようと思いたった次第です。

大学職員のための教科書紹介 『高等教育概論―大学の基礎を学ぶ』 大学と教育の「いま」を読み解く

大学職員のための教科書紹介 『高等教育概論―大学の基礎を学ぶ』

教育に関わることは、何でも学んでいきたい…という姿勢のマイスターです。 姿勢はいいんですが、本を読むのが遅いこ…

ニュースクリップ[-10/23] 「公立『小中一貫校』検討 『6・3制』見直し」ほか 大学と教育の「いま」を読み解く

ニュースクリップ[-10/23] 「公立『小中一貫校』検討 『6・3制』見直し」ほか

某勉強会に参加し、充実した一日だったマイスターです。 何も予定がないとついさぼってしまうという、自分に甘い性格…

教員の給与は割に合わないから、もっと上げるべきか!? 大学と教育の「いま」を読み解く

教員の給与は割に合わないから、もっと上げるべきか!?

「教員の給与は高くない!むしろ、不当に安く、割に合わない」という意見も、耳にすることがあると思います。
実際、昨日の記事でも、そうしたコメントやトラックバックをいただきましたし、雑誌や新聞の記事でも、こうしたトピックは、たまに取り上げられます。
しかし、本当にそう言えるでしょうか?…