2005年8月

教員養成大学 量・質 改善の戦い 大学と教育の「いま」を読み解く

教員養成大学 量・質 改善の戦い

高校生の時に受けたコンピューター式の進路適性検査で、 「あなたは文系に向いている」 とプログラムに断言された、…

教育の評価に関する様々な取り組み 大学と教育の「いま」を読み解く

教育の評価に関する様々な取り組み

学生時代の授業について、教わった内容はともかく、雰囲気はどれも良く覚えているマイスターです。 文字が読めない、…

「シックスクール」の問題を知っておこう(2):学校のガバナンスが子どもを危険にさらしている? 大学と教育の「いま」を読み解く

「シックスクール」の問題を知っておこう(2):学校のガバナンスが子どもを危険にさらしている?

部屋の散らかりぐあいが、引越し後、最悪のレベルになってきたマイスターです。 それは4畳半に広がる小宇宙。 あえ…

「シックスクール」の問題を知っておこう(1):大人が気づかない間に、子どもは被害を受けている 大学と教育の「いま」を読み解く

「シックスクール」の問題を知っておこう(1):大人が気づかない間に、子どもは被害を受けている

迷惑メールがえらいことになっているマイスターです。 複数のパソコンで同じサーバーのメールを受け取れるように設定…

アメリカの教育NPOは、スゴイ 大学と教育の「いま」を読み解く

アメリカの教育NPOは、スゴイ

東大に、米国教育NPOについての話を聞きにいったことを書きました。
その主催者である中原淳氏のブログに、当日のことが書かれていたので、ご紹介します。
当日プレゼンテーションをされたのは、イベッタ=タン氏でした。
米国最大の教育NPOのひとつであるEducation Development Center(EDC)で働いておられます。
EDCは、もともとハーバード大学およびマサチューセッツ工科大学の教員達が立ち上げたNPOだとのこと。

文科省、地方分権と見せかけて予算だけは死守? 大学と教育の「いま」を読み解く

文科省、地方分権と見せかけて予算だけは死守?

部屋で「みなとケーブル」が見られるのが自慢の田舎者、マイスターです。 深夜から早朝にかけてやっている、「ナショ…

超有名人 「生協の白石さん」 大学と教育の「いま」を読み解く

超有名人 「生協の白石さん」

夜道を自転車で走るのが好きなマイスターです。 港区の道路を疾走していると、なんていうか、「おれって都会人じゃん…

公立学校教員の採用&配置権限が、より現場寄りに!? 大学と教育の「いま」を読み解く

公立学校教員の採用&配置権限が、より現場寄りに!?

日焼けした部分と、日焼けしてない部分の境界線が、 「鈴カステラ」 みたいなカラーリングになってしまったマイスタ…

6年制の大学教育が増えていく? 大学と教育の「いま」を読み解く

6年制の大学教育が増えていく?

高校生の頃、手塚治虫の『ブラック・ジャック』を読んで感動したマイスターです。 あれを読んで、医者になろうと思っ…

スウェーデンの中学教科書 『あなた自身の社会』 大学と教育の「いま」を読み解く

スウェーデンの中学教科書 『あなた自身の社会』

建築学科を出たけど、現在やっていることには、建築のケの字もないマイスターです。 恩師の皆様、すみません。 宮城…